神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

京都東山の紅葉狩り 〜南禅寺〜

今年最後の京都訪問で東山地区の紅葉狩りを楽しみました。

 

南禅寺

f:id:kamibutsuyoku:20201208194905j:image

永観堂と並び東山で人気なのが南禅寺です。

広い境内にはたくさんの紅葉が植えられいます。

拝観料なしで紅葉狩りができるのでとても人気のあるお寺です。

永観堂から徒歩約10分のところにあります。

 

三門(さんもん)

f:id:kamibutsuyoku:20201206143556j:image

▲出典 南禅寺HP

境内に入り紅葉狩りを楽しんでいると目の前に大きな門が現れます。

南禅寺の三門は天下竜門と号し、日本三大門の一つで有名です。国の重要文化財です。

また、歌舞伎の「楼門五三桐」で天下の大泥棒石川五右衛門が三門の屋上に登り「絶景かな。絶景かな。」と言う場面で有名です。

 

この日は幸運にも三門が解放され、上に登ることができました。

門上から眺める紅葉はとても綺麗でした。また、京都の街を一望できる絶景も楽しめました。

 

f:id:kamibutsuyoku:20201208195327j:image

▲遠くに京都の街並みが見えます。

 

f:id:kamibutsuyoku:20201208073250j:image

 

楼上内陣には宝冠釈迦座像を本尊とし、その脇士に月蓋長者(がっかいちょうじゃ)、善財童士(ぜんざいどうし)、左右に十六羅漢がずらりと並んでいます。

とても珍しい組み合わせです。月蓋長者は初めて聞く仏像です。

天井には鳳凰、天人の極彩色の絵があります。

 

法堂

f:id:kamibutsuyoku:20201208073106j:image

▲三門から見た法堂

 

三門をくぐり抜けると法堂があります。

法堂は、法式行事や公式の法要が行われる南禅寺の中心となる建物です。

広い堂内には本尊の釈迦三尊が安置されています。

右手が獅子に跨がる文殊菩薩で、左手は象に跨がる普賢菩薩がいます。

しかし、お堂の窓から中を覗いても仏像まで遠いのでじっくり鑑賞できませんでした。

 

f:id:kamibutsuyoku:20201209120140j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201209120137j:image

 

南禅寺水路閣

f:id:kamibutsuyoku:20201208195947p:image

琵琶湖疏水の水を京都の街に運ぶための水路橋です。

1888年(明治21)できたレンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚の近代建造物ですが、長年の風雨に耐えた佇まいが静かな東山の風景にとけこんでいます。

昔からアーチの橋脚をバックに写真撮影のスポットとして有名ですが、今回は着物を着たカップルに加え、鬼滅の刃のコスプレをした子どもたちを撮影している人たちが数組いました。

f:id:kamibutsuyoku:20201208200218j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201208200210j:image

 

五山之上

南禅寺は禅寺として日本一の格式を持ちます。

“日本最初の勅願禅寺”として鎌倉時代に創建されました。

室町時代には京都・鎌倉の禅刹「五山」の最上位、別格として「五山之上」に位置づけられ、正式名称を「五山之上瑞龍山(ずいりゅうざん)太平興国南禅禅寺」といいます。

f:id:kamibutsuyoku:20201208200309j:image

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20201210081735j:image

▲平成25年に頂いた御朱印です。

今回頂くのを忘れてしまいました。「金剛王宝殿」と書かれています。

 

名庭

今回参拝できませんでしたが、南禅院、天授庵、金地院、方丈は名庭で有名ですので、次回はゆっくり鑑賞したいと思います。

京都東山の紅葉狩り 〜永観堂〜

今年最後の京都訪問で東山地区の紅葉狩りを楽しみました。

f:id:kamibutsuyoku:20201126203741j:image

 

永観堂

東山で紅葉といえば永観堂禅林寺です。

この時期拝観料が1,000円(通常600円)になりますが、大勢の参拝者が訪れていました。

f:id:kamibutsuyoku:20201126204016j:image

▲総門 道路に面した入口です。

f:id:kamibutsuyoku:20201126204459j:image

▲門外からの紅葉

拝観料を納め中門をくぐり、大玄関からお堂に入ります。

堂内は一方通行の順路が決められ混雑と密を避けています。これも紅葉シーズンだけだと思います。

f:id:kamibutsuyoku:20201127071904j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201127071847j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201127071855j:image

▲唐門(勅使門)前庭の白砂壇(びゃくさだん)


f:id:kamibutsuyoku:20201127071841j:image

 

堂内には狩野派の襖絵もたくさんありますが、今回ゆっくり鑑賞することはできませんでした。

 

臥龍

御影堂から阿弥陀堂を繋ぐ廊下は山の斜面に沿ってカーブしながら階段を登る長い廊下です。

その形が龍のように見えるのでその名がつけられました。

登った先の期待感でワクワクします。

 

f:id:kamibutsuyoku:20201201070607j:image

臥龍廊を下から見上げたところ(わかりにくくてすみません)

 

みかえり阿弥陀

f:id:kamibutsuyoku:20201202202115j:image

永観堂パンフレットより

 

f:id:kamibutsuyoku:20201202010105j:image

▲出典「日本の仏像」講談社

 

臥龍廊を登り切ると阿弥陀堂があり、仏像好きにはたまらない「みかえり阿弥陀」が鎮座しています。

その名通り、お顔が左に90度回転し後ろを振り返るような姿をされているとても珍しい阿弥陀如来立像です。

永観がお堂で修行していると、突然須弥壇に安置してある阿弥陀像が壇を下りて永観を先導し行道をはじめられました。

永観は驚き呆然と立ちつくしていると、阿弥陀は左肩越しに振り返り、「永観、おそし」
と声をかけられたそうです。

その伝説を表現したのがこの仏像です。

f:id:kamibutsuyoku:20201202010226j:image

▲慈愛に満ちた優しいお顔です。

像高が70cmほどの小さい仏像です。

出典「日本の仏像」講談社

 

f:id:kamibutsuyoku:20201201070138j:image

阿弥陀堂正面

 

庭園

阿弥陀堂を出ると堂内の参拝は終了です。

お堂前の階段を降りて庭園に降り立つと見事な紅葉が広がります。ライトアップもあります。

f:id:kamibutsuyoku:20201201070400j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201201070340j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201201070329j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201201070352j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201201070325j:image


f:id:kamibutsuyoku:20201201070346j:image

 

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20201201070448j:image

▲顧阿弥陀如来

f:id:kamibutsuyoku:20201201070453j:image

▲書置きのみです(書置きの袋)

金沢の神社三選 『尾山神社』

GO TOトラベルを利用して金沢へ旅行に行きました。

家族で行ったので市内観光とグルメがメインでしたが、ついでに(自分的にはメインです)市内で参拝した神社をご紹介します。

 

尾山神社(おやまじんじゃ)

f:id:kamibutsuyoku:20200920183751j:image

金沢の神社、最後に紹介するのは尾山神社です。金沢城鼠多門と道路挟んですぐ隣りにあります。

 

 

前田利家公の神社

f:id:kamibutsuyoku:20200923123457j:image

▲拝殿

加賀藩祖の前田利家正室のお松がお祀りされています。

利家が亡くなったあと二代目利長が父親を神として祀ろうとしましたが、徳川幕府が許すはずがなく、守護神としていた物部八幡宮ならびに榊葉神明宮を遷座する名目で卯辰山麓に社殿を建立し、利家公の神霊を合祀しました。

1873年(明治6)に現在の社地に社殿を新築しました。

 

 

神門

f:id:kamibutsuyoku:20200923080357j:image

明治8年の建築で、和漢洋の三洋式を混用した異色の門です。

第一層には戸室石(角閃安山岩)を用いてあり、第三層はステンドグラス張りで、神社の門とは思えませんが素敵な門です。

なお第三層目に設置された避雷針は、日本最古のものです。

f:id:kamibutsuyoku:20200923080445j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200923080450j:image

▲ステンドグラスの一部が赤く光っています。

 

 

利家公像・お松の方像

f:id:kamibutsuyoku:20200923122830j:image

▲"槍の又左"と呼ばれていた頃の若き日の利家像です。

背中の大きな袋のような物は母衣(ほろ)と言い、戦場を馬で駆け回るとき背後から飛んでくる矢を防ぐ役目があります。

織田信長の家臣のとき赤母衣衆として活躍していました。

f:id:kamibutsuyoku:20200924074743j:image

▲利家公の兜の彫刻


f:id:kamibutsuyoku:20200923123635j:image

▲お松の方像

お松は11歳で利家に嫁いで、11歳(⁈)から35歳で2男9女を産んでいます。

当時でも驚異的な多産だったようです。

豊臣秀吉正室ねねとは若い頃から仲が良く、豊臣家とは家族ぐるみの付き合いがあったようです。

 

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200924214727j:image

 

 

まとめ

  • 尾山神社加賀藩前田利家公とお松の方を神としてお祀りした加賀の国にとってとても大切な神社です。
  • 神門は和漢洋折衷の素敵な門です。
  • 若き日の利家公像はカッコいいです。

 

f:id:kamibutsuyoku:20200924075733j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200924075758j:image

▲足が長い狛犬


f:id:kamibutsuyoku:20200924075808j:image

▲蓮の彫刻

金沢の神社三選 『石浦神社』

GO TOトラベルを利用して金沢へ旅行に行きました。

家族で行ったので市内観光とグルメがメインでしたが、ついでに(自分的にはメインです)市内で参拝した神社をご紹介します。

 

石浦神社

f:id:kamibutsuyoku:20200910074111j:image

兼六園の真弓坂口と道路を挟んで隣にあります。目の前には金沢21世紀美術館もあります。

 

金沢最古の神社

f:id:kamibutsuyoku:20200917080145j:image

社伝では547年(古墳時代)に草創され、金沢最古の宮として、当時は三輪神社と称していたそうです。

ここまで古い創建年数を明記した神社は初めてです。(約1500年前に創建されたなどざっくりした表現が多いです)

様々な変遷を経て明治時代に石浦神社になりました。

 

主祭神

f:id:kamibutsuyoku:20200918074911j:image

大物主大神(オオモノヌシノオオカミ)

(別名 三輪大神、大国主大神

ご利益は縁結び、家内安全です。

 

大物主大神奈良県三輪市にある日本最古の神社と言われている大神神社(おおみわじんじゃ)の御祭神です。

それで、創建時は三輪神社と称していたと推測されます。

他にも六柱の神様を祀っていますが、ここでは割愛します。

 

日本三大長谷寺

奈良時代神仏習合となり奈良長谷寺長谷観音を勧請したことから、石浦慈光院長谷寺に改称しています。

奈良の長谷寺、鎌倉の長谷寺に次ぐ位置づけですが、現在観音様は祀られていないようです。

境内にもお寺の面影はありませんでした。

 

広坂稲荷神社

f:id:kamibutsuyoku:20200917080325j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200917080334j:image

敷地奥にお稲荷さんがあり、その先に朱色の鳥居が連なるの参道があります。

金沢神社から歩いてくるとこの鳥居が目印となります。

珍しい逆さ狛犬がいました。

f:id:kamibutsuyoku:20200917185418j:image

 

縁結びの神

金沢では縁結びの神として有名です。

女子受けする参拝ポイントがいくつかあります。

f:id:kamibutsuyoku:20200917080816j:image

▲手水舎


f:id:kamibutsuyoku:20200917075937j:image

▲おみくじロード?

本来はピンク色のおみくじなので、初詣直後はピンクに囲まれて映えると思います。

ぎっしり結ばれて人気の高さが伺えます。


f:id:kamibutsuyoku:20200917075752j:image

ゆるキャラの『きまちゃん』

境内のいたるところにいました。神社にゆるキャラが必要か賛否があると思いますが、個人的には不要かなと思います。

名前の由来は参拝して確かめてください(笑)

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200917190208j:image

▲日本三大長谷寺の朱色がしっかり押されています。

 

まとめ

  • 金沢最古の神社です。
  • 縁結びの神として女性に人気の神社で、映えポイントがたくさんあります。
  • 金沢21世紀美術館の目の前です。美術鑑賞とセットでの参拝がいいと思いました。特にカップルにおすすめです。

 

おまけ

f:id:kamibutsuyoku:20200918081024j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200918081014j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200918233111j:image

金沢21世紀美術館 

参拝後入館しましたが、有料エリアは新型コロナの影響で入場制限があり、1時間半後の入場のために多くの人が並んでいたので、無料エリアを見学しました。

妹島和世西沢立衛 / SANAAが設計した素晴らし建築なので無料でも十分楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

金沢の神社三選 『金沢神社』

GO TOトラベルを利用して金沢へ旅行に行きました。

家族で行ったので市内観光とグルメがメインでしたが、ついでに(自分的にはメインです)市内で参拝した神社をご紹介します。

 

金沢神社

f:id:kamibutsuyoku:20200908080817j:image

ほぼ兼六園の中にありますが入園料なしで拝観できます。

庭園の緑に囲まれた静かな場所にあるこじんまりとした神社です。

 

由緒

f:id:kamibutsuyoku:20200909075455j:image

加賀藩11代藩主前田治脩(はるなが)が寛政6年(1794)に、兼六園の現在の梅林の地に藩校明倫堂を建て、その隣に鎮守社として菅原道真公を御祭神とする神社を創建しました。

江戸時代は天満宮の名称も付いていましたが、明治9年(1876)に金沢神社に改称しています。

社伝では前田家の祖先が道真公(⁈)だからお祭したと紹介されています。

確かに家紋の「梅鉢」は同じですが、定説ではないと思います。

f:id:kamibutsuyoku:20200909075501j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200909080603j:image

▲加賀梅鉢 道真公の梅鉢とは中央部分が微妙に違います。

 

御祭神

道真公の他に、災難除けの白蛇竜神、商売繁盛の白阿紫稲荷大明神、交通安全の琴平大神をおまつりしています。

f:id:kamibutsuyoku:20200909075745j:image

▲白蛇竜神

f:id:kamibutsuyoku:20200910184548j:image

▲稲荷社の鳥居

 

金城霊澤(きんじょうれいたん)

f:id:kamibutsuyoku:20200909075307j:image

神社のすぐそばに金沢の地名の由来となった伝説の湧き水「金城霊澤」という泉があります。

その昔、芋掘藤五郎という男がこの湧き水でイモを洗ったところ、たくさんの砂金が出てきたという伝説が残っています。そこから「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、「金沢」という地名の由来となった場所と伝えられています。

現在では、金運のパワースポットとして人気だそうです。

f:id:kamibutsuyoku:20200909075350j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200909075346j:image

手水舎の水も同じ地下水で冷たくて気持ち良かったです。

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200916065247j:image

▲金箔銀箔が付く珍しい御朱印です。金沢らしいですね。

 

f:id:kamibutsuyoku:20200910184825j:image
f:id:kamibutsuyoku:20200910185547j:image

神社の隣りに小さな池があり、アオサギがトカゲを捕まえていました。

 

まとめ

  • 金沢神社は小さいですが、緑と水辺に囲まれた癒しの神社です。
  • 手水舎の水は冷たく気持ちがいいです。
  • 兼六園と金沢神社はセットで観光するのがおすすめです。

 

私の大好仏 vol.4 不空羂索観音菩薩坐像

私の大好きな仏像を紹介するシリーズの第4弾です。

今回は、奈良興福寺南円堂の本尊

不空羂索(ふくうけんさく)観音菩薩坐像

をご紹介します。

 

優しいお顔

f:id:kamibutsuyoku:20200818071134j:image

▲額の真ん中にも目があります。出典「講談社 日本の仏像」

 

最大の魅力は、ふくよかな優しいお顔です。

鎌倉時代の仏像ですが、保存状態が良く金箔がたくさん残っているので光の具合で輝いて見えます。

参拝者を優しく見守ってくださいます。

目が3つ、腕が8本ある三目八臂の像で、高さが336cmもあります。

四方に国宝の四天王像が御本尊をお守りしています。

 

南円堂は八角形の形をしたお堂で須弥壇が堂の中央にあります。

参拝客はその回りを歩くことができるので様々な角度の観音様を拝むことができます。

f:id:kamibutsuyoku:20200823132201j:image

 

 

不空羂索とは

不空とは、信じれば必ず願いが叶い空しい思いをさせないという意味です。

羂索とは、古代インドで狩猟や戦闘に使われた捕縛用の縄のことです。そこから、あらゆる人々の悩みを逃がすことなく救済し、願いを叶えるという意味が加わりました。

上の写真の向かって右側の上から3番目の手に羂索が握られています。

 

 

慶派の傑作

作者は、鎌倉時代の天才仏師運慶の父である

康慶です。

運慶も製作に関わったかもしれません。

もちろん、国宝です。

 

 

お会いできるのは年一回です

南円堂は普段非公開です。

毎年10月17日の大般若経転読会しか開帳していませんので、参拝したい方は気をつけてください。

ただし、特別なイベントで御開帳される場合も結構ありますので、奈良の観光情報サイトなどでチェックしましょう。

(ただ、今年はコロナ禍のため普通の参拝も難しいかもしれません、、、)

 

 

西国三十三所第九番札所

南円堂も西国三十三所の札所です。

十番が先のブログで紹介した三室戸寺、八番は奈良の長谷寺です。

f:id:kamibutsuyoku:20200806231105j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200823134506j:image

▲南円堂

 

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200806231135j:image

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200806231154j:image

▲御詠歌

 

 

まとめ

  • 南円堂の不空羂索観音は優しい仏像です。
  • 360度様々な角度で拝観できます。
  • 作者は運慶のお父さんの康慶です。
  • 公開は毎年10月17日だけですが、特別イベントで公開されることもあるので事前にチェックしましょう。

 

コロナ禍こそ仏像にお会いして日本や世界のためにお祈りしたいですが、遠出しなければならずなかなか難しいですね。

 

 

蓮が見頃な京のあじさい寺〜三室戸寺〜

非常事態宣言が解除され初めての県外へのお寺巡りは、あじさいで有名な京都宇治市三室戸寺(みむろとじ)です。

f:id:kamibutsuyoku:20200716074036j:image

▲本堂

f:id:kamibutsuyoku:20200722074551j:image

▲本堂に至る階段はまあまあ急でした。

 

あじさい

京都のあじさい寺としてとても有名です。

あじさい園がありますが、残念ながら見頃が終わり立ち入り禁止(7月12日時点)となっていました。

最盛期はこんなに綺麗です。

f:id:kamibutsuyoku:20200720125346j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200720125356j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200720125422j:image

 

 

7月上旬からお堂のまわりに鉢植えの蓮がたくさん並べられ、訪問したときは見頃を迎えていました。

8月上旬まで楽しめます。

f:id:kamibutsuyoku:20200720125804j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200720080628j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200720080657j:image

f:id:kamibutsuyoku:20200720125839j:image

 

春と初夏にはツツジシャクナゲ、秋には紅葉も楽しめます。

 

 

西国三十三所十番札所

お花だけでなく西国三十三所の十番札所としても有名です。御本尊は秘仏の千手観音です。

2009年84年振りに御開帳されましたが、次回拝観できる機会は決まっていないようです。

生きているあいだに拝観したいです。

境内で巡礼行されている方を数名見かけました。

わたしも三十三所全てお参りしたいと思います。

 

f:id:kamibutsuyoku:20200723234138j:image

▲西国十番の碑 この右奥にあじさい園が広がっています。

 

 

西国三十三所とは

西国三十三所は、近畿地方岐阜県に点在する33か所の観音信仰の霊場の総称で、約1300年前に奈良長谷寺の開祖である徳道上人が閻魔大王のお告げを受け世に広めました。しかし、当時は人々に受け入れられませんでした。

約300年後、花山法皇によって再興され、霊場を札所とした巡礼は日本最古巡礼行となりました。

f:id:kamibutsuyoku:20200722071532j:image

▲三重塔

 

 

霊宝館

本堂に隣りに寺宝を保管展示している霊宝館があります。

その中でおすすめが重要文化財阿弥陀三尊像です。阿弥陀如来とその両脇に観音菩薩勢至菩薩が並んでいます。

ただし、霊宝館は毎月17日の9時から20分しか入場できませんので気をつけましょう。

 

f:id:kamibutsuyoku:20200722071450j:image

阿弥陀堂

f:id:kamibutsuyoku:20200723234521j:image

▲鐘楼

 

 

御朱印

今回2種類いただきました。

f:id:kamibutsuyoku:20200723232242j:image

▲通常の御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20200723232328j:image

▲特別御朱印

 

 

まとめと反省

  • 三室戸寺あじさいだけでなく季節により様々なお花が楽しめます。見頃を事前にチェックして参拝しましょう。
  • 阿弥陀三尊など寺の仏像を拝観できる霊宝館は月に1回20分しか入場できません。
  • あじさい柄の可愛いお守りがある売店は充実しています。