読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

空前絶後の超絶大仏師 快慶展

f:id:kamibutsuyoku:20170415082839j:image

▲出典 図録表紙

奈良国立博物館で4月8日から始まった「特別展 快慶」に行って来ました。鎌倉時代に活躍した慶派の大仏師快慶の仏像を空前絶後の規模で集めた展覧会です。

いてもたってもいられず、開幕初日に行って来ました。雨が降ったり止んだりの天気でしたが、暖かいので多少濡れても気になりませんでした。古都は雨も似合います。

f:id:kamibutsuyoku:20170414143253j:image

近鉄奈良駅で降り、奈良公園の中にある奈良国立博物館へ徒歩で向かいます。駅からは10分くらいです。奈良公園には鹿と戯れる人がいっぱいでした。桜も満開です。

f:id:kamibutsuyoku:20170409175533j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170409175608j:image

▲鹿に会うと奈良に来たんだなぁと実感します。

f:id:kamibutsuyoku:20170415083226j:image

奈良国立博物館外観

会場の入口を入ると京都 金剛院の仁王像(桃色⁉︎)がお出迎え。展示は第一章から第七章のエリアに分かれていました。

 

醍醐寺弥勒菩薩坐像(重文)

第一章でいきなり私の大好仏、京都醍醐寺 弥勒菩薩が展示されています。

f:id:kamibutsuyoku:20170419121808j:image

▲宝冠を外した珍しいお姿。出典 図録

f:id:kamibutsuyoku:20170419121745j:image

▲出典 図録

端正なお顔です。正統派イケメン仏像の代表だと思います。全身に残る金泥(きんでい)と豪華な装飾品のおかげで品の良いゴージャスさも合わせ持ちます。解説には快慶初期の作品と紹介されています。それなのにこの完成度の高さには驚嘆です。

…しかし、展示は4月25日〜6月4日でした。残念ながら私は鑑賞できませんでした。気持ちが先走り調査不足でした。できれば再訪し再会したいと思います。

 

清水寺奥の院 三面千手観音坐像(重文)

 f:id:kamibutsuyoku:20170415224930j:image

▲図録より

お姿を拝見したときはとても驚き、歓喜しました。滅多に公開されない仏像です。2003年243年振りに公開された秘仏中の秘仏です。その後は2008年の西国三十三所の特別展で公開されただけです(間違っていたらごめんなさい)。ちなみに私は、名古屋市博物館に巡回に来た西国三十三所展で拝観しました。正面、左右に三面、頭上に二十四面、合計二十七面もある特別な千手観音像です。私の知る限り他に作例がないと思います。(知っている方がいればメッセージください) 今回、快慶作なのを初めて知りましたが、なるほどと納得の素晴らしい仏像です。

お顔が凛々しく、金泥も綺麗に残っています。良いお顔をされています。頭頂の化仏がとても印象的です。

 

高野山広目天多聞天深沙大将、執金剛力士(すべて重文)

f:id:kamibutsuyoku:20170415225001j:image

広目天 出典 博物館で購入したA4サイズのブロマイド

f:id:kamibutsuyoku:20170415225006j:image

▲出典 図録 赤い塗料がわずかに残っています

大好きな高野山広目天も展示されていました。 全体のバランスが素晴らしいです。お顔をアップで見ると更に魅力が増します。博物館では気づきませんでしたが、赤い塗料が少し残っています。

 f:id:kamibutsuyoku:20170419121921j:image

多聞天 出典 図録

多聞天は弟子に作らせた、快慶の監修作品のようです。

f:id:kamibutsuyoku:20170419122101j:image

深沙大将(じんじゃたいしょう) 出典 図録

f:id:kamibutsuyoku:20170419122119j:image

▲骸骨のネックレスとお腹に人面⁈

f:id:kamibutsuyoku:20170419122145j:image

▲膝当ては象の顔です

西遊記玄奘三蔵が旅の途中、砂漠で一滴の水を得ることができず、息絶えようとしている時、流砂の中より現れて護(まも)ったのが、深沙大将であるといわれています 。

f:id:kamibutsuyoku:20170419122154j:image 

▲執金剛力士像 出典 図録

分身して二体の金剛力士になります。

 

安阿弥様(あんなみよう)

f:id:kamibutsuyoku:20170419121941j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170419121951j:image

東大寺 阿弥陀如来立像( 重文) 出典 図録

f:id:kamibutsuyoku:20170419233415j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170419233421j:image

▲京都 遣迎院(けんごういん) 阿弥陀如来立像(重文)出典 図録

 快慶は熱心な阿弥陀信仰者で、作品に「巧匠アン阿弥陀仏」(「アン」は梵字)と銘記しています。晩年は数多くの三尺の阿弥陀如来立像をを製作し、後に安阿弥様(あんなみよう)と呼ばれています。今回の展示では安阿弥様の阿弥陀如来立像がたくさん出陳されています。中でも東大寺と遺迎寺(けんごういん)の像は金泥が綺麗に残ってとても綺麗な像です。

 

全部を紹介することはできませんが、まだまだ素晴らしい仏像がたくさんありますので、仏像に少しでも興味のある方はぜひGW中に奈良国立博物館を訪れてください。また、市内の数多くのお寺ではこの時期に秘仏公開をしているのでとてもお勧めですよ。

 

 秘宝・秘仏特別公開|イベント|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット

 

 

 

大仏師 運慶の傑作紹介 その1

9月に東京国立博物館で「運慶展」が開催されます。それを記念し勝手にコラボ企画、私が好きな運慶の傑作をご紹介します。

f:id:kamibutsuyoku:20170216080832j:image

▲出典 展覧会ポスター

日本彫刻史上の最高傑作のひとつ 国宝  無著・世親(むちゃく・せしん)立像

f:id:kamibutsuyoku:20170324205623j:image

▲出典「講談社 日本の仏像」右が無著像、左が世親像

奈良興福寺の国宝 北円堂に安置されています。北インドの高僧、無著と世親の兄弟像で、国宝弥勒如来坐像(運慶作)の脇侍です。運慶晩年の傑作です。

f:id:kamibutsuyoku:20170323203943j:image

▲無著像  出典「講談社 日本の仏像」

瞳をご覧ください。今にも涙が溢れそうなうるみがあります。「玉眼」といって水晶の板に瞳を描き、眼にはめたものです。そのリアルさに圧倒されます。彫刻なのにこのような表現はおかしいのですが、遠くを見つめるような表情は何を思うのでしょうか。約八百年の人々の祈りにより、まるで魂が宿っているようです。

f:id:kamibutsuyoku:20170326111030j:image

 ▲世親像  出典「講談社 日本の仏像」

一方、弟の世親は厳しい表情をしています。衆生を救うため数多の困難にも立ち向かおうとする、意志の強さを感じます。

f:id:kamibutsuyoku:20170326113540j:image

▲本尊の国宝 弥勒如来座像です。こちらも運慶作です。出典「講談社 日本の仏像」

興福寺の北円堂は普段未公開ですが、春と秋に特別公開します。ぜひ、ご覧ください。

 

国宝 大日如来坐像

f:id:kamibutsuyoku:20170326114953j:image

▲出典「講談社 日本の仏像」

大日如来奈良市忍辱山町にある忍辱山円成寺(にんにくせん えんじょうじ)の多宝塔に安置されています。こちらは、運慶の若き日の傑作です。

f:id:kamibutsuyoku:20170329121732j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170327203558j:image

▲出典「講談社 日本の仏像」

無著・世親像と比べると、表情が精悍で体つきに張りがありとても若々しい像です。若き日の運慶の意気込みを感じます。

大日如来密教における根本仏です。如来でありながら、宝冠、瓔珞、臂釧、腕釧を身に着け、一種の王者の姿をとっています。それらの細工は緻密かつ精巧で、像全体に華やかさを添えています。

円成寺奈良駅からバスで約30分ほどののどかな里山にあります。柳生の里の近くです。

  

国宝 毘沙門天(びしゃもんてん)立像、不動明王立像

二つの像は静岡県伊豆の国市にある願成就院(がんじょうじゅいん)に安置されています。2013年国宝に格上げされました。先に紹介した像とはうって変わって、勇ましい表情と憤怒相の仏像です。

f:id:kamibutsuyoku:20170403205330j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170407203059j:image

毘沙門天立像 出典「講談社 日本の仏像」

ふくよかなお顔は力士のようです。甲冑を着たがっちりとした体躯は漢を感じます。大きな目に睨まれたら悪者も退散するでしょう。鎌倉時代の侍たちが好みそうな姿です。

毘沙門天は四天王の多聞天(たもんてん)がソロで活動するときの別名です。七福神としても活躍しています。須弥山ではとても人気のある守護神です。

f:id:kamibutsuyoku:20170403205335j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170405210811j:image

不動明王立像 出典「講談社 日本の仏像」

一方、不動明王は怒りの表情がとても見事です。おばさんパーマのような髪型はご愛嬌です。左に制咜迦童子(せいたかどうじ)、右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)の脇侍がいます。写真では分かりにくいですが、制咜迦の表情は秀逸です。誰かにガンを飛ばしています。やんちゃ坊主とおとなしい風船を持った女の子を連れたおばさんに見えてきます。

 

次回は、ついに開幕した!快慶展に行って来たのでそのレポートをします

 

 

天才仏師 快慶の大好仏 その2

奈良国立博物館で4月8日から始まる「快慶展」との勝手にコラボ企画「快慶の大好仏 その2」です。快慶作の仏像で私が好きな作品を紹介します。

 

国宝 阿弥陀三尊立像

f:id:kamibutsuyoku:20170301173519j:image

▲左から、勢至菩薩阿弥陀如来観音菩薩の三尊。左が観音菩薩、右が勢至菩薩が一般的だが、浄土寺は左右逆である。  出典 講談社「日本の仏像」

浄土寺(兵庫県小野市)の本尊です。阿弥陀三尊像とは、阿弥陀如来を真ん中し観音菩薩勢至菩薩が両脇を固める仏像のことです。観音菩薩は単独で祀られることが多いですが、実は阿弥陀様の脇侍(わきじ)なのです。

阿弥陀像は丈六(一丈六尺、約5m)の大きな仏像です。両脇侍も約4mあり、国宝の浄土堂に安置されています。

 

黄昏時がゴールデンタイム

この阿弥陀三尊は夕暮れ時に参拝するのがベストです。三尊は東を向いて立っておられるので、夕暮れになるとお堂に差し込む夕日が仏像を包み込み、参拝者は来迎の擬似体験ができます。

 

後姿も輝いています

f:id:kamibutsuyoku:20170301173538j:image

▲出典 講談社「日本の仏像」

阿弥陀三尊はお堂の中央にある須弥壇(しゅみだん)立っておられるので、後姿も見ることができます。夕日に照らされた背中は金色に輝いているでしょう。阿弥陀様が乗っている雲がしっぽのように立ち上がっています。

 

重要文化財 四天王立像 

 高野山霊宝館に安置されています。四天王は須弥山(しゅみせん)頂上に住んでいる帝釈天(たいしゃくてん)の輩下として、この山の四方の中腹にある門を守護している神です。持国天(じこくてん)・増長天(ぞうちょうてん)・広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん)の四人です。もとは古代インドの神です。

 

顔がいい!

四天王は悪者から仏法を守護しているので憤怒相といって怖い顔しています。しかし、そのお顔が整ってとてもよいのです。

f:id:kamibutsuyoku:20170307210810j:image

広目天 出典 「快慶展」ポスター

f:id:kamibutsuyoku:20170321184444j:image

多聞天  出典 講談社「日本の仏像」

 

バランスが素晴らしい!

f:id:kamibutsuyoku:20170315202835j:image

広目天  出典 講談社「日本の仏像」

四天王はもちろん実在しませんが、全体のバランスがとても素晴らしいです。特に広目天のプロポーションと安定感は架空のものとは思えないリアリティがあります。

f:id:kamibutsuyoku:20170321184528j:image

持国天

f:id:kamibutsuyoku:20170321184544j:image

増長天  共に出典 講談社「日本の仏像」

高野山霊宝館には他にも快慶仏がありますし、運慶の仏像もあるので、とてもオススメです。高野山参拝の際には是非立ち寄ってください。

 

次回は、私の好きな運慶仏を紹介します。

 

 

 

天才仏師 快慶の大好仏 その1

4月に奈良国立博物館で「特別展 快慶」、9月に東京国立博物館で「運慶展」が開催されるのを記念し、勝手にコラボ企画を行います。

f:id:kamibutsuyoku:20170224195011j:image

快慶、運慶とは誰?と思われた方もいらっしゃると思うので、簡単に紹介します。
鎌倉時代に一大勢力を誇った仏師集団の慶派。その中心人物が快慶と運慶です。仏師とは仏像を彫る人です。有名な作品は東大寺南大門の金剛力士像です。歴史の教科書には必ず出てきます。人物の解説はウィキペディアなどに詳しく紹介されているので割愛します。ここでは、彼らの作品の中て私の大好仏を紹介します。
まずは快慶の作品です。

 

国宝 渡海文殊

安倍文殊院(奈良県桜井市)の本尊です。獅子に乗った文殊菩薩が眷属(けんぞく)の善財童子・優填王(うでんおう)・仏陀波利(ぶつだはり)・最勝老人を従え、雲海を渡り中国の五台山に向かう姿です。5体が国宝です。

f:id:kamibutsuyoku:20170220155445j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170220155510j:image

▲国宝 文殊菩薩 出典 講談社「日本の仏像」

快慶の仏像はイケメンが多いです。文殊菩薩も端正なお顔です。智慧の仏ですが、降魔の利剣を持ち獅子にまたがる姿はとても凛々しいです。

f:id:kamibutsuyoku:20170220155527j:image

▲獅子 出典 講談社「日本の仏像」

それに対して獅子は斜めを向き少しとぼけたような愛嬌のある表情です。残念ながら獅子だけ国宝ではありません、

f:id:kamibutsuyoku:20170220155551j:image

▲国宝 善財童子 出典 講談社「日本の仏像」

善財童子もいい味をだしています。先を急いで焦っているのでしょうか?文殊菩薩に呼び止められ「何でしょうか?」と振り向いているようです。

f:id:kamibutsuyoku:20170220155843j:image

▲国宝 優填王(うでんおう)出典 講談社「日本の仏像」

優填王は強面ですが、劇画チックな表情に親しみを感じます。

f:id:kamibutsuyoku:20170225214021j:image

▲国宝 維摩居士(ゆいまこじ)(または最勝老人) 出典 安倍文殊院HP

f:id:kamibutsuyoku:20170225215904j:image

▲国宝 仏陀波利三蔵立像(ぶつだはりさんぞうりゅうぞう)(または須菩提) 出典 安倍文殊院HP

 

重文 弥勒菩薩坐像

醍醐寺三宝院(京都市伏見区)の本尊です。

f:id:kamibutsuyoku:20170222204341j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170224204949j:image

▲出典 「醍醐寺のすべて」展チラシ

醍醐寺弥勒菩薩はとてもイケメンです。宝冠、胸飾などの装飾がとても似合います。唇に赤い塗料が残り若々しく感じます。金泥も像全体に残っており、落ち着いた感じで輝いています。

弥勒菩薩は、釈迦入滅後56億7千万何後に悟りを開き如来になり衆生を救う未来仏です。とてつもない遠い未来ですね。

 f:id:kamibutsuyoku:20170227212314j:image

▲出典 講談社「日本の仏像」

次回は阿弥陀仏や四天王などを紹介しようと思います。

京阪電車でGO! 仏像巡りの旅 最終回

いよいよこの企画も最終回の終点宇治駅に到着です。

京阪宇治駅の目の前にある宇治橋を渡り、約10分で平等院に着きます。宇治橋は日本最古の橋のひとつです。橋の上から見る宇治川の眺めはいつも爽やかです。

f:id:kamibutsuyoku:20170205210714j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170206142124j:image

橋を渡り左に曲がると参道です。両脇には宇治茶を販売するお店がたくさん並んでいます。わたしは抹茶ソフトかスイーツを必ず食べます。3分ほどで平等院の入口です。

f:id:kamibutsuyoku:20170205211016j:image

平等院仏像鑑賞ポイント

平等院の仏像を鑑賞するポイントは3つです。

  • 鳳凰堂を堪能せよ
  • 内部拝観は最後まで粘れ
  • 鳳翔館で細部を見よ

 

鳳凰堂を堪能せよ

▲国宝 平等院鳳凰堂

お目当は阿弥陀仏なので、入場したら最初に鳳凰堂内部拝観のチケット(¥300)を買います。拝観時間まで時間があるので、池の周りを散策しながら鳳凰堂をたっぷり堪能しましょう。池越しに見る鳳凰堂の眺めはとても美しく、いにしえの日本人が想像していた極楽浄土です。死んだつもりで鑑賞しましょう(笑)

平成の大修理のおかげで建物の朱色が鮮やかになり、屋根の鳳凰も金ピカで創建当時の姿に戻っています。

f:id:kamibutsuyoku:20170206144031j:image

▲鳳凰 レプリカです。オリジナルは鳳翔館に展示されています。

f:id:kamibutsuyoku:20170206145156j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170206145259j:image 

初夏には藤の花が綺麗です。秋には紅葉も楽しめます。

 

内部拝観は最後まで粘れ

内部拝観の5分ほど前に受付場所に戻ります。諸注意を聞いて、池に掛かる橋を渡り鳳凰堂内部に入ります。

案内嬢が鳳凰堂や阿弥陀如来について解説してくれます。解説が終わると自由見学ですが、お堂の中は広くないので10分ほどするとみなさん帰り始めます。ここで、最後まで粘ります!するとお堂には案内嬢と2人きりです。その後は…

ではなく、阿弥陀様をほぼ独り占めできるのです。お堂の壁面には雲中供養菩薩もいますよ。周りは全て国宝です。世界遺産でもあります。こんな贅沢なことがあるでしょうか。雲中供養菩薩の奏でる音楽を想像しながら、静かに阿弥陀様と対峙します。そして、お迎えのときを夢想しましょう。ほとんど臨死体験です(笑)

f:id:kamibutsuyoku:20170210190032p:image

▲国宝 阿弥陀如来坐像 出典 平等院HP 

鳳翔館で細部を観よ

鳳凰堂であの世へ行ったあと、貴重な宝物が展示されている鳳翔館へ向かいます。

f:id:kamibutsuyoku:20170210190734j:image

仏像マニアとしては雲中供養菩薩の展示室へ一直線です。鳳凰堂の壁面には本来は52躯の菩薩がありますが、現在半分の26躯が鳳翔館に展示されています。お堂では高いところに飾られているので、細かい部分が分かりませんが、鳳翔館ではガラス越しに間近で鑑賞することができます。

f:id:kamibutsuyoku:20170210201000j:image

▲国宝 雲中供養菩薩 南20号

華麗な舞です。

f:id:kamibutsuyoku:20170212180312j:image

▲南24号

口元を見ると歌っています。

f:id:kamibutsuyoku:20170212180340j:image

▲北25号 

イケメンだと思います。

f:id:kamibutsuyoku:20170213200354j:image

▲南6号

f:id:kamibutsuyoku:20170213200407j:image

▲南1号

色々な楽器を演奏しています。約千年前の像ですが、豊富な種類に驚きです。全てポストカードから引用。

 

像高は30cmほどですが、生き生きとした動きと細かい細工が素晴らしいですよ。家に持って帰りたいです。

売店には雲中供養菩薩のトランプが販売されています。

f:id:kamibutsuyoku:20170214141611p:image

▲出典 平等院HP

f:id:kamibutsuyoku:20170214204639j:image 

▲御朱印 鳳凰堂の文字と鳳凰のイラスト入りの朱色ですね。

 

これで、京阪電車でGOシリーズも無事終了です。また、新しい企画を楽しみにしてください。

 

口から飛び出る阿弥陀仏 六波羅蜜寺の空也上人像

f:id:kamibutsuyoku:20170121123454j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170201205057j:image

▲重文  本堂

金戒光明寺を参拝した後、六波羅蜜寺へ向かいました。

 

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)

真言宗智山派西国三十三所 第十七番のお寺です。天暦5年(951)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創されました。上人はつねに市民の中にあって伝道に励んだので、人々から「市の聖(いちのひじり)」と呼ばれていました。

また、平安時代に念仏を始めて「念仏の祖」と言われています。

 

空也上人立像

f:id:kamibutsuyoku:20170121214049j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170121214442j:image

▲重文 空也上人立像   出典 講談社「日本の仏像」

運慶の四男康勝の作です。胸に金鼓(こんく)を、右手に撞木(しゅもく)を、左手に鹿の角の杖をつき、念仏を唱える口から六体の阿弥陀が現れたという伝承を表現しています。六体で「南無阿弥陀仏」の六文字です。

初めて見たときは口から何か出てる( ゚д゚)⁈と驚きました。見た目のインパクトがすごいです。しかし、それ以上にリアリティのある造形に感銘を受けます。今にも動き出しそうです。

宝物館に安置されています。宝物館には空也上人以外にたくさんの仏像が安置されているので必見です。主なものを紹介します。

f:id:kamibutsuyoku:20170127190040j:image

▲重文 平清盛坐像   出典 講談社「日本の仏像」

一門の武運長久を祈願し、朱の中へ血を点じて写経した頃の太政大臣浄海入道清盛公の像です。経典は厳島神社へ奉納しています。

f:id:kamibutsuyoku:20170127190350j:image

▲重文 運慶坐像  出典 講談社「日本の仏像」

大仏師運慶の像です。

f:id:kamibutsuyoku:20170127190141j:image

▲重文 湛慶坐像   出典 講談社「日本の仏像」

湛慶は運慶の長子です。彼も素晴らしい仏師です。代表作は三十三間堂の千手観音像などがあります。

f:id:kamibutsuyoku:20170127190223j:image

▲重文 地蔵菩薩坐像  出典 講談社「日本の仏像」

運慶作の地蔵菩薩です。

本堂には国宝の十一面観音立像が安置されていますが、12年に一度辰年に公開される秘仏なので、今回拝観することはかないませんでした。

 

七福神 弁財天

 六波羅蜜寺は都七福神めぐりの弁財天もあります。お正月の時期に新春巡拝があり、各社寺にて御軸・大護符(色紙)・御宝印帖が用意されています。私が参拝したときも多くの方が色紙に御朱印をいただいていました。

詳しくはこちらのHPをご覧ください。

日本最古 都七福神 - トップページ

京都観光Navi:都七福神

f:id:kamibutsuyoku:20170203080608j:image

▲御朱印 弁財天をいただきました。

f:id:kamibutsuyoku:20170131192229j:image 

▲十一面観音像と本堂

京都で初詣 金戒光明寺編

お正月、約3カ月ぶりに京都へ行ったのでその報告です。京阪電車でGO!シリーズで紹介した金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)を訪れました。参拝するのは初めてです。

京阪電車でGO! 仏像巡りの旅 その一 - 神仏欲な日々 

 

浄土宗総本山・くろ谷 金戒光明寺

 f:id:kamibutsuyoku:20170112164004j:image

▲御影堂

浄土宗最初のお寺。開祖法然上人(ほうねんじょうにん)が草庵を結んだ地に建てられました。境内には18の塔頭寺院があるとても大きなお寺です。

幕末には京都守護職会津藩の本陣があったことで有名です。新選組はここで生まれました。

大河ドラマ「八重の桜」の会津藩松平容保(かたもり)役の綾野剛は良かったですよね。

地元の方は"くろ谷さん"と呼んでいるそうです。

f:id:kamibutsuyoku:20170112164152j:image

京都守護職本陣看板

 

文殊菩薩(渡海文殊形式)

f:id:kamibutsuyoku:20170116202158j:image

文殊菩薩  出典 講談社「日本の仏像」

御影堂に安置されています。三重塔にあったのを移したそうです。元は近くにあった中山宝幢寺(ほうどうじ)の本尊です。応仁の乱の兵火により廃寺となりこちらに移されました。なので中山文殊と呼ばれています。

貞享三年(1686)刊の『雍州府誌』には「本朝三文殊の一つなり」とあり、奈良の「安倍の文殊天橋立の「切戸の文殊」と共に信仰を集めていました。

三大文殊には諸説あり、安倍文殊、切戸文殊は固定ですが、第三の文殊は中山の他に山形の亀岡文殊があります。

渡海文殊形式とは、獅子騎乗の文殊菩薩が眷属(けんぞく)として善財童子・優填王(うでんおう)・仏陀波利(ぶつだはり)・最勝老人を従え、海を渡って五台山に向かう姿を表す仏像です。なお、五台山は中国の山西省に実在し、文殊菩薩の聖地です。世界遺産に登録されています。

寺伝では運慶作となっていますが、間近で拝んだ印象と重文指定もないことから、おそらく違うと思います。慶派仏師の作品なのは間違いないと思いますが。

f:id:kamibutsuyoku:20170116202419j:image

▲三重塔

f:id:kamibutsuyoku:20170114215312j:image

▲御朱印 「中山文殊

 

五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀仏

f:id:kamibutsuyoku:20170114215839j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170116204859j:image

通称アフロ仏と呼ばれる、珍しい仏様です。ファンキー髪型とは掛け離れた幼子のような可愛いお顔をしています。伽藍から高台にある三重塔へ向かう階段の脇に佇んでおられます。うっかりすると通り過ぎてしまうので気をつけましょう。

お寺のHPにわかりやすい説明があったので、引用します。

五劫思惟(ごこうしゆい)の阿弥陀仏は、通常の阿弥陀仏と違い頭髪(螺髪(らほつ))がかぶさるような非常に大きな髪型が特徴です。

無量寿経」によりますと、阿弥陀仏法蔵菩薩の時、もろもろの衆生を救わんと五劫の間ただひたすら思惟をこらし四十八願をたて、修行をされ阿弥陀仏となられたとあり、五劫思惟された時のお姿をあらわしたものです。
五劫とは時の長さで一劫が五つということです。一劫とは「四十里立方(約160km)の大岩に天女が三年(百年という説もある)に一度舞い降りて羽衣で撫で、その岩が無くなるまでの長い時間」のことで、五劫はさらにその5倍ということになります。そのような気の遠くなるような長い時間、思惟をこらし修行をされた結果、髪の毛が伸びて渦高く螺髪を積み重ねた頭となられた様子を表したのが五劫思惟阿弥陀仏で、全国でも16体ほどしかみられないという珍しいお姿です。
落語の「寿限無寿限無、五劫のすり切れ」はここからきています。

有名なのは東大寺 勧進所 阿弥陀堂の像と奈良 五劫院の像です

あー奈良にしばらく行っていないので、暖かくなったら行きたいなぁ。

f:id:kamibutsuyoku:20170120154034j:image

▲山門

f:id:kamibutsuyoku:20170120154316j:image

阿弥陀堂