神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

上野恩賜公園で寺社仏閣巡り ー上野東照宮ー

f:id:kamibutsuyoku:20190604200825j:image

 

上野大仏の参拝ののち、上野東照宮に参拝しました。

大仏から歩いて5分くらいです。

 

 

歴史

1627年(寛永4年)に創建した神社「東照社」が上野東照宮の始まりです。

1646年(正保3年)には朝廷より正式に宮号を授けられ「東照宮」となりました。

f:id:kamibutsuyoku:20190604200902p:image

▲大石鳥居(重要文化財

 

 

御祭神

東照宮とは徳川家康東照大権現)を神様としてお祀りする神社です。

日光や久能山の他、全国に数多くあります。

こちらの東照宮は、徳川吉宗徳川慶喜も祀られています。

f:id:kamibutsuyoku:20190604200935j:image

▲門

 

 

御利益

出世、勝利、健康長寿に特に御利益があるとされ信仰されています。

f:id:kamibutsuyoku:20190604201633j:image

▲唐門(重要文化財

f:id:kamibutsuyoku:20190604201821j:image

狛犬

f:id:kamibutsuyoku:20190604201851j:image

▲銅灯籠(重要文化財)諸大名から奉納されました。

 

 

公園と寛永寺について

上野恩賜公園は、寛永寺の広大な土地の中に作られた公園です。

寛永寺は、寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、建立されました。

将軍家の菩提寺となり、江戸時代には格式と規模において日本随一の大寺院となりました。

天台宗の別格大本山で、正式名は東叡山寛永寺です。

 

しかし、幕末の上野戦争で多くの建物が焼失し、明治になって公園に生まれ変わりました。

 

大仏と東照宮も元は寛永寺の施設なのです。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190604194605j:image

御朱印

上野恩賜公園で寺社仏閣巡り ➖上野大仏 ➖

東京の上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)には、東京国立博物館上野動物園をはじめ様々な文化施設がありますが、お寺と神社もあるのです。

博物館の後にお詣りしたので、ご紹介します。

 

上野大仏

f:id:kamibutsuyoku:20190529215200j:image

公園内に大仏の看板があります。

しかし、あたりを見渡しても大仏らしき建造物はありません。

看板横に短い階段あるので、それを登ると見えたのは仏塔(ストゥーパ)です。

f:id:kamibutsuyoku:20190529215859j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190531071520j:image

▲仏塔  ここでは英語名のパゴダと呼んでいます。

 

パゴダから視線を左に移すと・・・、ありました。

上野大仏です。

f:id:kamibutsuyoku:20190529220523j:image

といっても、顔だけです。

 

寛永八年(1631)に作られた釈迦如来の大仏は、度々罹災しましたが、その都度復興されました。
しかし、関東大震災により首が落ち、第二次大戦時には、軍の供出令により胴体を徴用され、顔のみが残されました。

大仏殿の跡地には薬師如来を祀るパゴダ(仏塔)が建立され、今はその隣にお顔のレリーフがあります。

 

胴体を失ったお顔は、「もうこれ以上落ちない」と受験生の間で話題になり、合格祈願のスポットになりました。

f:id:kamibutsuyoku:20190531065811j:image

▲大仏の横には合格祈願の絵馬が奉納されていました。

f:id:kamibutsuyoku:20190531070011j:image

御朱印所と売店です。

f:id:kamibutsuyoku:20190531070733j:image

▲パゴダには薬師如来が安置されています。

f:id:kamibutsuyoku:20190531070418j:image

▲大仏とパゴダは大仏山と呼ばれる小さな丘の上にあります。

f:id:kamibutsuyoku:20190602111333j:image

御朱印です。 カバンの中でくしゃくしゃになってしまいました。

 

イケメン仏像に会いに行きました 〜東京国立博物館~

f:id:kamibutsuyoku:20190525184255j:image

帝釈天 約1200年前に作られたとは思えないカッコ良さです

 

東京国立博物館の特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」へ行きました。

 

仏像曼荼羅とは

密教曼荼羅図を、三次元で表現したのが仏像曼荼羅です。立体曼荼羅とも言います。

約1200年前、空海が京都にある東寺の講堂に作りました。

f:id:kamibutsuyoku:20190528212922j:image

▲国宝 胎蔵界曼荼羅図(たいぞうかいまんだらず) 東寺蔵

 

 

15/21

立体曼荼羅は21体ありますが、そのうち、15体が東京へ出張しています。

国宝仏が11体、重文の仏が4体です。

東寺は今とても寂しい状況だと思います。

f:id:kamibutsuyoku:20190528213334j:image

帝釈天の斜め後ろから  遠くに見えるのは持国天です

 

撮影OK!

f:id:kamibutsuyoku:20190527123645j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190527123703j:image

▲三つ目です。額の真ん中にも目があります。

f:id:kamibutsuyoku:20190527123748j:image

帝釈天は象に乗っています

イケメンの帝釈天限定ですが、写真が撮り放題です。

一般の人が国宝仏を撮影できることは滅多にありません。(奈良と鎌倉の大仏は例外ですが)

博物館の英断に拍手を送りたいです。

ツーショット写真も可能です。

 

後ろ姿も堪能

f:id:kamibutsuyoku:20190527201710j:image

帝釈天の背中と象さんのお尻

お堂では、須弥壇と呼ばれるステージみたいな場所に、壁を背後にして安置されているので、背中を観ることはかないません。

博物館では、360度全方位から拝観できるので、後ろ姿もじっくり拝めます。

降三世明王像には、後頭部にも顔がありました。

今回初めて観ることができました。

 

とにかく近い

手を伸ばせば触れる距離に展示されているので、細かな細工もじっくりと鑑賞することができます。

お堂には21体もいるので、須弥壇がとても広く、奥の仏像は雰囲気を楽しむだけですが、お顔をじっくり鑑賞することができました。

 

美術品も充実

仏像以外にも、貴重な法具や仏画がたくさん展示されています。

そちらにも、国宝が数多くありますので、見どころは満載です。

曼荼羅も数点展示されています。

解説が充実しているので、見応えがありました。

私のお気に入りは、「十二天屏風」です。

日天、月天、風天、水天など、個性的なメンバーが揃っています。

 

6月3日までです

まだ、間に合います。

金曜日、土曜日は21時まで開館しており、夕方はすいているそうですので、ぜひご覧ください。

f:id:kamibutsuyoku:20190527203034j:image

▲本館  常設展も見どころ満載です

f:id:kamibutsuyoku:20190527203048j:image

▲この日は快晴でしたが、真夏日でバテました〜

 

 

令和元年、京都の青もみじ巡り 〜曼殊院門跡

f:id:kamibutsuyoku:20190503222859j:image

 

記念すべき令和元年元日は、京都の青もみじを楽しみました。

 

曼殊院門跡(まんしゅいんもんせき)

f:id:kamibutsuyoku:20190503222936j:image

京都市左京区一乗寺にある、天台宗のお寺です。「小さな桂離宮」ともいわれています。

 

門跡とは

f:id:kamibutsuyoku:20190503223037j:image

天皇や皇族が住職を務めていた寺院を特別に門跡と呼びます。

京都には13の門跡寺院があります。

曼珠院、知恩院、青蓮院、妙法院
三千院、聖護院、実相院、仁和寺
大覚寺毘沙門堂随心院、勧修寺
三宝

わたしはまだ、五寺院しか参拝していません。

いつかは、全て巡りたいです。

 

天皇ゆかりの寺院ということで、一部の寺宝が特別公開されていました。

 

歴史

延暦年間(728~806)、最澄により鎮護国家の道場として比叡の地に創建されたのが曼殊院のはじまりです。
その後、数回の移転を経て、明暦二年(1656)八条宮智仁親王の第二皇子良尚法親王が入寺し、現在の地に堂宇を移し造営されたのが今日の曼殊院です。

 

庭園

f:id:kamibutsuyoku:20190503223012j:image

遠州好みの枯山水の美しい庭園が有名です。

初夏は青もみじがとても綺麗です。

今は霧島ツツジの赤い花が満開でした。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190503223119j:image

雨が降っていましたが、濡れた青もみじはより一層瑞々しさ増して、大変素敵でした。

 

 

絵画

国宝の「黄不動」をはじめ、狩野永徳の襖絵などが多く所蔵しています。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190503223139j:image

御朱印

 

紅葉の時期は多くの人が訪れますが、今の季節はそれほどでもないので、ゆっくり参拝できます。

桜満開の京都 〜建仁寺〜

f:id:kamibutsuyoku:20190417123149j:image

春の京都訪問。最後に訪れたのが、建仁寺です。

 

場所

昔ながらの京都の雰囲気を彷彿とさせる、祇園花見小路通の南のどんつきにあります。

通りは海外からの観光客の人気も高く、人通りがすごいことになっていました。

 

歴史

京都最古の禅寺です。

建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として建立されました。

臨済宗建仁寺派大本山です。

山号を東山(とうざん)と称します。

京都五山第三位のお寺です。

 

方丈(ほうじょう)

f:id:kamibutsuyoku:20190419075506j:image

方丈にある枯山水の庭園は見事です。「大雄苑(だいおうえん)」と言います。

縁側に座ってまったりするのは、大好きな時間です。

重要文化財に指定されています。

f:id:kamibutsuyoku:20190419075535j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190421143223j:image
f:id:kamibutsuyoku:20190421143227j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190421143220j:image

 

また、方丈には海北友松(かいほうゆうしょう)によって描かれた雲龍図襖絵の複製など、各部屋の襖や壁に見ごたえがある絵画があります。

f:id:kamibutsuyoku:20190419193205j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190419193220j:image

 

 

法堂(はっとう)

f:id:kamibutsuyoku:20190419075223j:image

本尊の釈迦如来座像と脇侍に迦葉(かしょう)尊者・阿難(あなん)尊者が祀られています。

迦葉と阿難を脇侍とする釈迦三尊は大変珍しいです。

天井には平成14年(2002年)創建800年を記念して「小泉淳作画伯」筆の双龍が描かれています。

 

風神雷神

f:id:kamibutsuyoku:20190419080406j:image

京都国立博物館の国宝展にて

俵屋宗達風神雷神図屏風建仁寺の所蔵です。

現在は京都国立博物館に寄託しているので、本物は見ることができません。

しかし、2種類のレプリカがあるので、雰囲気は味わえます。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190422123656j:image

御朱印 拈華堂(ねんげどう)は法堂の別称です。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190421130120j:image

▲三門  「御所を望む楼閣」という意味で「望闕楼」と名づけられています。

 

桜満開の京都 〜京都 熊野神社〜

f:id:kamibutsuyoku:20190413163228j:image

聖護院門跡の近くにある京都 熊野神社にお参りしました。聖護院から歩いて5分くらいのところにあります。

 

歴史

811年(弘仁2)修験道の日円上人がこの地に紀州熊野大神を勧請したのが始まりです。

京都三熊野(当社・新熊野・若王子社)の最古社で、聖護院の守護神でもあります。

かつては鴨川までいたる広大な土地があったようですが、現在はこじんまりとして、親しみやすい神社です。

f:id:kamibutsuyoku:20190413164919j:image

 

御祭神

f:id:kamibutsuyoku:20190413165902j:image

▲本殿

本殿に伊弉冉尊(いざなみのみこと)、相殿(あいどの)に伊弉諸尊(いざなぎのみこと)、天照大神速玉男尊(はやたまのをのみこと)、事解男尊(ことさかのをのみこと)を祀っています。

 

御利益は、縁結び・安産・病気平癒です。

 

京都十六社朱印めぐり

古都の町中に点在する十六の古社を訪ねる御朱印巡りです。熊野神社も選ばれています。

あきたりの観光旅行では分からない、もう一つの京都が見えてきくるそうです。

詳しくはこちら↓

京都十六社 朱印めぐり | ありきたりの「京都観光」に飽き足らないあなたに

 

八咫烏(やたがらす)

熊野神社の神使、つまり神の使いは三本足の八咫烏なので、至る所にカラスがいます。

f:id:kamibutsuyoku:20190413165831j:image
f:id:kamibutsuyoku:20190413165826j:image

八咫烏はサッカー協会のトレードマークなので、ジャパンブルーのお守りも置いてありました。

 

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20190415190713j:image

御朱印にも八咫烏がいます。

 

f:id:kamibutsuyoku:20190415190816j:image

境内の外には出店が出ていました。

 

 

 

桜満開の京都 〜聖護院門跡〜

f:id:kamibutsuyoku:20190410123924j:image

 

春の京都の聖護院門跡(しょうごいんもんせき)へ行きました。

本山修験宗(ほんざんしゅけんしゅう)の総本山です。京都市左京区聖護院中町にあります。

 

門跡とは

皇族・公家が住職を務めていた寺院を特別に門跡と呼びます。

京都には13の門跡寺院があります。

知恩院、青蓮院、妙法院、曼珠院
三千院、聖護院、実相院、仁和寺
大覚寺毘沙門堂随心院、勧修寺
三宝

門跡巡りをするのもいいですね。

 

宸殿(しんでん)

f:id:kamibutsuyoku:20190411123045j:image

f:id:kamibutsuyoku:20190411123123j:image

 

普段非公開なので、外から眺めるだけでしたが、市松模様砂州が素晴らしいお庭です。

天皇の仮御所にもなった格式高い寺院なので、内部には狩野派の障壁画が百余点もあるそうです。

秋に特別公開がありますので、機会があれば拝観したいと思います。

 

宸とは"天子・帝王のすむ所"という意味があります。

 

仏像

f:id:kamibutsuyoku:20190413162204j:image

阿弥陀如来立像  出典「聖護院門跡HP」

 

この日拝観できたのは、寺務所の二階に安置されている、不動明王立像、阿弥陀如来立像、役行者像(えんのぎょうじゃぞう)です。

特に、阿弥陀如来は珍しい「逆手阿弥陀如来像」です。

通常、右手を上に左手を下にする印をしていますが、こちらの阿弥陀様は逆になっています。

本堂と宸殿には重要文化財の仏像がありますが、非公開でした。

f:id:kamibutsuyoku:20190414225749j:image

御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20190413161053j:image

▲境内の枝垂れ桜

 

八橋

聖護院といえば八橋ですね。

近くに西尾八ッ橋と聖護院八ッ橋の店舗がありました。

歴史ある建物ですね。

f:id:kamibutsuyoku:20190413160835j:image

▲西尾八橋

f:id:kamibutsuyoku:20190413160911j:image

▲聖護院八橋