読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

神社とお寺の違い、5つのポイント

宗教

友達から「神社とお寺は何が違うの? 神社は神様だけど、お寺は何?」と尋ねられました。

「えっ」と思いましたが、まわりの人に聞いたところ、明確に答えられる人は少数派でした。 

そうか、神社とお寺の違いを、よく知らずにお参りしている人がけっこういるのかと思い、

神社とお寺の違い、基本の5つのポイントをまとめました。

 

 ポイント1  神様と仏様 

神社は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)、大国主命(オオクニヌシノミコト)などの、日本の神様が祀られてます。

f:id:kamibutsuyoku:20150131175824j:plain

 
 お寺は、お釈迦さま・阿弥陀さま・観音さまなど、インドからやって来た仏様を祀っています。

f:id:kamibutsuyoku:20150131221441j:plain

 

ポイント2  神道と仏教

 

神社は神道の施設、お寺は仏教の施設です。

なので、神社には神主・宮司・巫女がいて、神様にお仕えしています。

 f:id:kamibutsuyoku:20150131222535j:plain

お寺は、僧侶・住職・尼僧など、いわゆるお坊さんが、お勤めや修行をしています。

 f:id:kamibutsuyoku:20150131222639j:plain

 

ポイント3  鳥居と門

 

神社の入口には鳥居がありますが、お寺には、山門や仁王門と呼ばれる門があります。

門の中には「阿形(アギョウ)」と「吽形(ウンギョウ)」の金剛力士像が、安置されていることが多いです。

 f:id:kamibutsuyoku:20150131222719j:plain

f:id:kamibutsuyoku:20150131222938j:plain


ポイント4  参拝方法

 

神社は、パンパンと手をたたく『二礼 二拍手 一礼』なのに対して、お寺は、静かに『合掌』します。

 

ポイント5  ご神体と仏像

 

神社は神様(ご神体)を直接拝むことはできません。

しかし、お寺では仏像として仏様を間近に拝み見てお祈りすることができます。

 f:id:kamibutsuyoku:20150131223348j:plain

以上、簡単ですが神社とお寺の違いを簡単にまとめました。