読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

宇治平等院

お寺 仏像 御朱印

f:id:kamibutsuyoku:20160921122348p:image

出典 平等院HP

6年振りの平等院です^_^;

平成の大改修後(2012年6月〜2014年3月)初めて訪れます。

 

f:id:kamibutsuyoku:20160920155322j:image

▲before 2010年9月

f:id:kamibutsuyoku:20160920155415j:image

▲after 2016年9月

全然違いますね(°_°)

素人の写メでも一目瞭然!

屋根の鳳凰も金ピカです。

 

最初に堂内見学ツアーのチケットを買い(300円)、集合時間まで30分あるので、お堂の周りを散策。

f:id:kamibutsuyoku:20160921074311j:image

f:id:kamibutsuyoku:20160921074331j:image

f:id:kamibutsuyoku:20160921074359j:image

f:id:kamibutsuyoku:20160921074422j:image

1回のツアーは30〜40人でしょうか。

最初に見学の注意事項を聞いてから、橋を渡りお堂に入ります。

今回はたまたまお堂の修繕作業をしており、一部に足場とシートがあり、少し残念でした。

お堂の中でガイドさんの説明を聞いたのち、しばらく自由に見学できます。

わたし以外のツアー客は10分ほど見学するとお堂から出て行ってくれます。

ここからがわたしのゴールデンタイム❗️

制限時間いっぱいまでお堂の中は、国宝阿弥陀如来座像とガイドさんとわたしの3人だけ。

鳳凰堂と国宝仏をほぼ独り占め。なんて幸せな時間でしょうか。

じっくりと阿弥陀様と向き合い、至福の時を過ごしました。

 

極楽気分のままお堂から出て、再びお堂の周りをぷらぷら。

続いて雲中供養菩薩像に会い行きます。

f:id:kamibutsuyoku:20160920200345j:image

▲鳳翔館入口もいい感じに苔むしてきました。

f:id:kamibutsuyoku:20160920220125j:image

▲踊っています。南20号

f:id:kamibutsuyoku:20160920225318j:image

▲わかりにくいですが唄っています。 

f:id:kamibutsuyoku:20160921075051j:image

▲整ってます。

f:id:kamibutsuyoku:20160921075154j:image

▲雲がダイナミックです。

※菩薩像は全てポストカードから引用

 

拝観後、入口目の前の"ますだ茶舗"で抹茶を振りかけた抹茶ソフトをいただきました。

とても美味しいのでおすすめです。

 f:id:kamibutsuyoku:20160921122152j:image

▲入口の石碑  振り向けばますだ茶舗です。

f:id:kamibutsuyoku:20160921122755j:image

f:id:kamibutsuyoku:20160921122815j:image

▲御朱印 鳳凰堂と阿弥陀如来

 

阿弥陀如来についてはこちらで紹介しています↓

 http://kamibutsuyoku.hatenablog.com/entry/2016/07/12/204427