読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

天才仏師 快慶の大好仏 その2

奈良国立博物館で4月8日から始まる「快慶展」との勝手にコラボ企画「快慶の大好仏 その2」です。快慶作の仏像で私が好きな作品を紹介します。

 

国宝 阿弥陀三尊立像

f:id:kamibutsuyoku:20170301173519j:image

▲左から、勢至菩薩阿弥陀如来観音菩薩の三尊。左が観音菩薩、右が勢至菩薩が一般的だが、浄土寺は左右逆である。  出典 講談社「日本の仏像」

浄土寺(兵庫県小野市)の本尊です。阿弥陀三尊像とは、阿弥陀如来を真ん中し観音菩薩勢至菩薩が両脇を固める仏像のことです。観音菩薩は単独で祀られることが多いですが、実は阿弥陀様の脇侍(わきじ)なのです。

阿弥陀像は丈六(一丈六尺、約5m)の大きな仏像です。両脇侍も約4mあり、国宝の浄土堂に安置されています。

 

黄昏時がゴールデンタイム

この阿弥陀三尊は夕暮れ時に参拝するのがベストです。三尊は東を向いて立っておられるので、夕暮れになるとお堂に差し込む夕日が仏像を包み込み、参拝者は来迎の擬似体験ができます。

 

後姿も輝いています

f:id:kamibutsuyoku:20170301173538j:image

▲出典 講談社「日本の仏像」

阿弥陀三尊はお堂の中央にある須弥壇(しゅみだん)立っておられるので、後姿も見ることができます。夕日に照らされた背中は金色に輝いているでしょう。阿弥陀様が乗っている雲がしっぽのように立ち上がっています。

 

重要文化財 四天王立像 

 高野山霊宝館に安置されています。四天王は須弥山(しゅみせん)頂上に住んでいる帝釈天(たいしゃくてん)の輩下として、この山の四方の中腹にある門を守護している神です。持国天(じこくてん)・増長天(ぞうちょうてん)・広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん)の四人です。もとは古代インドの神です。

 

顔がいい!

四天王は悪者から仏法を守護しているので憤怒相といって怖い顔しています。しかし、そのお顔が整ってとてもよいのです。

f:id:kamibutsuyoku:20170307210810j:image

広目天 出典 「快慶展」ポスター

f:id:kamibutsuyoku:20170321184444j:image

多聞天  出典 講談社「日本の仏像」

 

バランスが素晴らしい!

f:id:kamibutsuyoku:20170315202835j:image

広目天  出典 講談社「日本の仏像」

四天王はもちろん実在しませんが、全体のバランスがとても素晴らしいです。特に広目天のプロポーションと安定感は架空のものとは思えないリアリティがあります。

f:id:kamibutsuyoku:20170321184528j:image

持国天

f:id:kamibutsuyoku:20170321184544j:image

増長天  共に出典 講談社「日本の仏像」

高野山霊宝館には他にも快慶仏がありますし、運慶の仏像もあるので、とてもオススメです。高野山参拝の際には是非立ち寄ってください。

 

次回は、私の好きな運慶仏を紹介します。