読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

興福寺の御朱印

仮講堂を拝観した後、東金堂と南円堂にお参りしました。

f:id:kamibutsuyoku:20170504192759j:image

▲国宝 東金堂と国宝 五重塔

f:id:kamibutsuyoku:20170504193111j:image

▲東金堂正面

f:id:kamibutsuyoku:20170504194726j:image

▲東金堂の几帳 鹿の文様ですね

東金堂を参拝しました。本尊は重文の薬師如来坐像です。脇侍の日光・月光菩薩像(いずれも重文)、文殊菩薩像と維摩居士(ゆいまこじ)像、四天王像、十二神将像(以上いずれも国宝)が安置されます。

今回、特別に旧東金堂本尊の仏頭が展示されていました。

f:id:kamibutsuyoku:20170505200936j:image

▲国宝 銅像仏頭 出典 興福寺HP

f:id:kamibutsuyoku:20170504202456j:image

▲東金堂の御朱印と御詠歌『猿沢の 池のほとりの寺庭に 瑠璃の光は あまねかりけり』

f:id:kamibutsuyoku:20170505150540j:image

猿沢池  池越しに興福寺五重塔が見えます。

f:id:kamibutsuyoku:20170504205543j:image

▲重文 南円堂

f:id:kamibutsuyoku:20170504205302j:image

▲2014年9月の南円堂 右手に一言観音があります。

南円堂は普段は非公開のため、脇にある一言観音をお参りしました。その名の通り、一言だけのお願いをするとそれが叶えられるという人気のお堂です。

f:id:kamibutsuyoku:20170506185321j:image

▲一言観音の御朱印と御詠歌『頼もしく あゆみを運べ 一言の ねがいもすてぬ 誓い今せば』

 

最後に奈良のグルメ情報です。

ランチは「天極堂 奈良本店」で葛料理と葛餅をいただきました。奈良国立博物館から徒歩約5分です。1870年創業の吉野本葛の老舗です。葛料理は初めていただきましたが、とても美味しかったです。葛餅は絶品でした。

f:id:kamibutsuyoku:20170506192208j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170506192224j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170506192246j:image

創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂へようこそ