読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神仏欲な日々

神仏欲(しんぶつよく)とは、神社とお寺のことが好きでたまらない、愛欲のこと。

京阪電車でGO! 仏像巡りの旅 最終回

お寺 仏像 御朱印 平等院 京阪電車 阿弥陀如来 雲中供養菩薩 定朝

いよいよこの企画も最終回の終点宇治駅に到着です。

京阪宇治駅の目の前にある宇治橋を渡り、約10分で平等院に着きます。宇治橋は日本最古の橋のひとつです。橋の上から見る宇治川の眺めはいつも爽やかです。

f:id:kamibutsuyoku:20170205210714j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170206142124j:image

橋を渡り左に曲がると参道です。両脇には宇治茶を販売するお店がたくさん並んでいます。わたしは抹茶ソフトかスイーツを必ず食べます。3分ほどで平等院の入口です。

f:id:kamibutsuyoku:20170205211016j:image

平等院仏像鑑賞ポイント

平等院の仏像を鑑賞するポイントは3つです。

  • 鳳凰堂を堪能せよ
  • 内部拝観は最後まで粘れ
  • 鳳翔館で細部を見よ

 

鳳凰堂を堪能せよ

▲国宝 平等院鳳凰堂

お目当は阿弥陀仏なので、入場したら最初に鳳凰堂内部拝観のチケット(¥300)を買います。拝観時間まで時間があるので、池の周りを散策しながら鳳凰堂をたっぷり堪能しましょう。池越しに見る鳳凰堂の眺めはとても美しく、いにしえの日本人が想像していた極楽浄土です。死んだつもりで鑑賞しましょう(笑)

平成の大修理のおかげで建物の朱色が鮮やかになり、屋根の鳳凰も金ピカで創建当時の姿に戻っています。

f:id:kamibutsuyoku:20170206144031j:image

▲鳳凰 レプリカです。オリジナルは鳳翔館に展示されています。

f:id:kamibutsuyoku:20170206145156j:image

f:id:kamibutsuyoku:20170206145259j:image 

初夏には藤の花が綺麗です。秋には紅葉も楽しめます。

 

内部拝観は最後まで粘れ

内部拝観の5分ほど前に受付場所に戻ります。諸注意を聞いて、池に掛かる橋を渡り鳳凰堂内部に入ります。

案内嬢が鳳凰堂や阿弥陀如来について解説してくれます。解説が終わると自由見学ですが、お堂の中は広くないので10分ほどするとみなさん帰り始めます。ここで、最後まで粘ります!するとお堂には案内嬢と2人きりです。その後は…

ではなく、阿弥陀様をほぼ独り占めできるのです。お堂の壁面には雲中供養菩薩もいますよ。周りは全て国宝です。世界遺産でもあります。こんな贅沢なことがあるでしょうか。雲中供養菩薩の奏でる音楽を想像しながら、静かに阿弥陀様と対峙します。そして、お迎えのときを夢想しましょう。ほとんど臨死体験です(笑)

f:id:kamibutsuyoku:20170210190032p:image

▲国宝 阿弥陀如来坐像 出典 平等院HP 

鳳翔館で細部を観よ

鳳凰堂であの世へ行ったあと、貴重な宝物が展示されている鳳翔館へ向かいます。

f:id:kamibutsuyoku:20170210190734j:image

仏像マニアとしては雲中供養菩薩の展示室へ一直線です。鳳凰堂の壁面には本来は52躯の菩薩がありますが、現在半分の26躯が鳳翔館に展示されています。お堂では高いところに飾られているので、細かい部分が分かりませんが、鳳翔館ではガラス越しに間近で鑑賞することができます。

f:id:kamibutsuyoku:20170210201000j:image

▲国宝 雲中供養菩薩 南20号

華麗な舞です。

f:id:kamibutsuyoku:20170212180312j:image

▲南24号

口元を見ると歌っています。

f:id:kamibutsuyoku:20170212180340j:image

▲北25号 

イケメンだと思います。

f:id:kamibutsuyoku:20170213200354j:image

▲南6号

f:id:kamibutsuyoku:20170213200407j:image

▲南1号

色々な楽器を演奏しています。約千年前の像ですが、豊富な種類に驚きです。全てポストカードから引用。

 

像高は30cmほどですが、生き生きとした動きと細かい細工が素晴らしいですよ。家に持って帰りたいです。

売店には雲中供養菩薩のトランプが販売されています。

f:id:kamibutsuyoku:20170214141611p:image

▲出典 平等院HP

f:id:kamibutsuyoku:20170214204639j:image 

▲御朱印 鳳凰堂の文字と鳳凰のイラスト入りの朱色ですね。

 

これで、京阪電車でGOシリーズも無事終了です。また、新しい企画を楽しみにしてください。